カテゴリによって


撮影している男性

クライアントが求めている写真は何かをしっかりと把握しよう

写真買取を依頼する上で、この点だけは押さえておきたいというのが、求められている写真を買取に出すという点です。 何でも良いから買取を行っているという所もありますが、サイトによっては具体的に「このカテゴリーの写真を集めています」という記載をして募集を行っているものもあります。 趣味の延長として気ままに撮ったものを買取に出す程度であれば、気にする必要はありませんが、副業としてしっかりとお金を稼いでいくという観点からするとしっかりとクライアント側が何を求めているかと言うのを押さえるというのは重要です。中には自身で写真を自由に出品して値段も自由につけられるサイトもありますが、その様なサイトを利用する場合でも、そのサイト内で人気のあるカテゴリーは何か、逆に手薄なのは何かと言うのをしっかりと押さえておくと稼げるようになるでしょう。

写真の買取時には権利問題には気をつけましょう

写真の買取は気軽である反面、気をつけなければなら無い事もあります。 例えば、権利の問題は最も重要と言っても過言ではありません。街中でスナップ撮影して、顔が写り込んでしまった場合、個人が特定できる様な写真の場合、肖像権が発生する可能性があるので、人物が映り込んでいる写真には注意が必要となります。人物写真は権利問題が厳しい反面、掲載される数が少ないというのが実状と言う事もあり、権利問題さえクリアにして、買取に出せば高値でも買取をしてもらう事が出来るチャンスがあると言えます。稼ぎたいという方は狙い目と言えるでしょう。また、友達からもらった写真データを勝手に買取などに出すと後々、著作権などの問題になる可能性もあるので、その点も注意が必要です。